ニキビを隠すコンシーラーの種類とは?

ニキビを隠すためのコンシーラーとは?

ニキビを隠すときに、まず思い浮かべるものはファンデーションの人が多いのではないでしょうか。
そんなときにファンデーションより負担の軽いコンシーラーを使えば、気になるニキビも気にならなくなります。
そこで今回はコンシーラーとはどのようなものなのか、どんな種類があるのかを見ていきましょう。

コンシーラーとは

まず、コンシーラーとは肌の気になる部分や色のムラなどを隠すためのアイテムです。
ファンデーションは肌一面に伸ばしていくものですが、コンシーラーは気になる部分にポイントで乗せていくという使い方をします。
ファンデーションでは完璧に隠しきれないシミやクマ、そしてニキビやニキビの跡などもキ隠します。
そしてコンシーラーは、パウダーファンデーションのときはファンデーションを塗る前、リキッドファンデーションやクリームファンデーション、BBクリーム、CCクリームのときはファンデーションを塗った後に使います。

では、コンシーラーにはどのようなタイプがあるのかをお話ししていきます。

スティックタイプ

スティックタイプは最もカバー力が強いコンシーラーです。
リップスティックのようにくり出し、直接肌にのばしたり、ブラシに取って塗ればピンポイント用と使い分けることで、シミやほくろのように小さなものから、くすみや頬の赤み、ニキビのように大きなものまでカバーができます。

注意点

スティクタイプはカバー力が強く、厚塗り感が出やすくなっています。
ピンポイントならば気にならないものの、広範囲の場合は目立ってしまうので塗り過ぎないようにしましょう。

クリームタイプ

クリームタイプはカラーバリエーションがもっとも豊富なコンシーラーです。
クリームタイプのコンシーラーはチューブ入りのタイプやボトル入りタイプ、パレットタイプなどさまざまな形状があり、色を自身の肌に合わせることができます。
クリームタイプは適度にカバー力があり、指やブラシで塗った後にぼかしやすく、ニキビを隠すためにもオススメのタイプです。

注意点

クリームタイプはブラシやチップを使い続けると、コンシーラーやブラシ、チップに雑菌がついてしまったり、肌に負担がかかってしまい、炎症を起こしてしまいます。
そのため、ブラシやチップ、コンシーラーを清潔に保つようにしましょう。

リキッドタイプ

リキッドタイプは液状のコンシーラーです。
リキッドタイプのコンシーラーは筆ペンタイプやリップグロスのようにチップが容器に内蔵されたタイプとさまざまな形状があり、乾燥に強く、柔らかい質感です。
そのため、ピンポイントで塗りやすく、さらに小鼻のキワなどにできてしまったニキビも隠すことができます。

注意点

質感が柔らかくヨレにくく、厚塗り感が出にくい反面、カバー力は高くありません。
そのため、口の周りなどよく動かす箇所などをうっすら隠すときに使うようにしましょう。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプは硬さがあり、油分の少ないコンシーラーです。
ペンシルタイプには削って使う形状と、くり出し式の形状のものがあります。
そのため、小さいシミやニキビを消したり、リップラインの補正、ピンポイントで使用するのがこのタイプです。

注意点

ペンシルタイプのコンシーラーは質感が硬いため、塗る際にニキビを刺激して悪化させてしまいます。
取り入れるときは芯が柔らかいものを選ぶようにしましょう。

以上がコンシーラーの種類です。
しかし、コンシーラーのほとんどは、油分を含んでいるものであるため、ニキビの原因であるアクネ菌を活発化させ、ニキビを悪化させてしまう危険があります。
そうなってしまったときはコンシーラーの使用は避けた方が無難ですが、どうしても使いたいときは薬用のコンシーラーを使うようにしましょう。
薬用コンシーラーには殺菌成分、抗炎症成分、油分フリーなどが配合されている商品があります。
ニキビが炎症を起こしまっていたり、ニキビ、ニキビ跡をどうしても隠したいときはニキビ専用の薬用コンシーラーを使うのも1つの手です。

まとめ

ニキビを隠すためにコンシーラーを使うことがとてもおすすめです。
どのようなタイプがあり、タイプごとの気をつける点をチェックして、お肌にあるニキビを隠していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする